お待たせいたしました~m(__)m


調子の悪いRZ-Rをお預かりいたしました。
試乗したら、中高回転域でフン詰まるようなフィーリング。
キャブをバラすと…
KIMG2569.jpg
あらら… メインノズルがカンピンタン・・・
KIMG2573.jpg
綺麗に掃除して組上げ~
ついでにタンクの中もチェック。
KIMG2611.jpg KIMG2613.jpg
あらら。 錆カスと水まで出てきました。
これらも掃除して試乗。
しか~~し! 余計に調子悪くなった!?
ここから迷宮入り… 点火系の電装類を換えてみたり、
初心に戻って、エアークリーナーやチャンバーの詰まりまでもチェック。
(も~ね。 写真撮っている余裕無し…)
ダメ元でエアークリーナーとキャブの間のジョイントのゴムを外し試乗。
えっ?と思うほど調子が良い!?
まさかと思い、再びキャブをバラし再チェック。
KIMG3030.jpg KIMG3031.jpg
スロージェット。
KIMG3032.jpg KIMG3033.jpg
メインジェット。
左がキャブから外した物で、右が新品(メインは手持ちの良い物)
テーパー状の棒を差し込んで、穴の大きさを測ってみました。
既存のジェットはデカくなっていました。
んで、交換して試乗!
KIMG3037.jpg
ん~っ! イイ感じの吹け上がり!!
原因は何ともですが、自然消耗、オーバーホール時にリーマで突き過ぎ等。
ジェットの番号だけに頼っているとこうなると言う、負の螺旋整備でした。
オーナーのH様、お時間が掛かってしまい、申し訳ありませんでした。
自分の見落としです… m(__)m
また何かありましたら、お気軽にご相談下さいませ!!


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です