初期型RZの修理、その2


初期型RZの修理、第2段。
こちらも同じイニシャルでリピーターのS様のRZです。

オーリンズのRサスを手に入れたと言う事で、
オーバーホール依頼&投入させて頂きました。

本体のオーバーホールとリザーバータンクの車体に合わせて長さをホースを交換。

 

 

こちらの車両も最近エンジンの異音が大きくなって生きたので、分解チェックすると。

キズキズでした…

 

と言う事でバンシーのオーバーサイズピストンを投入。

 

オイルポンプもオーバーホール。
2ストロークマガジンに紹介されたオイルポンプの記事に使ってもらいました。

 

前回シフトシャフトのオイルシールを交換したのですが、
漏れが止まらなくシフトシャフトのガタが原因。
ケースカバーを加工しベアリング支持化。

 

最後に手に入れたラジエターも付けて!と取付け。

クリアランスもギリギリ収まりました。

 

で、完成!

 

S様、今回も色々とオーダーして頂き、ありがとうございました!

 

まだまだ初期型RZシリーズ続きます!w

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です