RZ250の修理です。


今回のRZ250の修理はオイル漏れの修理です。

まずはオイルポンプ周りのオイル漏れの修理から~
クラッチカバーからもオイルの滲みがあるので、クラッチカバーを外すと、
オイルポンブシャフトのオイルシールが抜けかかってました。

 

ウォーターボンプのシールも交換して、オイルポンプのオーバーホール。

 

 

次にRZ系のウィークポイントであるスプロケット側の3点オイルシールも交換。
ニュートラルスイッチは新しい物に替わっていたので、今回は手を付けず。

それとマフラーがガタ付いちゃって、排気漏れのも起きてるとの事でしたので、
マフラーガタ付き対策でRZ-R用の金属製のガスケットに交換。

ご存知の方も多いと思いますが、排気漏れが止まらない~って方は、
RZ-Rの金属製のガスケットを使用すると、直ること多いですよ。

最後にチェーンスライダー(ゴムカバー)の交換。
スイングアームを外さないと交換できないんで、ついでにピポット部もバラして掃除~♪

センタースタンドが付いてると、メンテが楽ですよね~~♪

最後にちょっと重いクラッチケーブルにグリスアップや、
メーターのハーネスがむき出しになっちゃてるなど、気になる箇所を直しちゃいました!!

一通り作業が終了し、エンジン始動! しかしキックを数回蹴っても全くエンジンがかからない…

メーターを外したから配線??と思うもプラグに火は飛んでいるし~
キャブのドレンを緩めるとガソリンは出てくるし…
エアークリーナボックスの入り口を手で蓋してキックすると、一発始動!

もしかして、二次エアーでも吸ってるのか?とキャブ周りにパーツクリーナーを一拭き。
エンジン回転に変化無いので、大丈夫!

やはりキャブの異常なのかな?と思い、キャブをバラして点検すると…

原因はこいつか!? キャブのフローとチャンバーが左右逆でした!
RZ系のキャブは、スターターノブが付いている方のフロートチャンバーに、
スタータージェットが付いていて、反対側はスタータージェットが無いんですよ!
なので、フロートチャンバーが左右逆だとチョークが効かないんですね~

残念な事に別のバイク屋さんでキャブをオーバーホールしたそうです…

素晴らしくエンジンのかかりも良くなりwww、試乗。

久々な場所で記念撮影しました! 数年後にはアメリカンなこの場所も無くなっちゃうんだろうな~

で、納車。
しかし、納車後暫くしてお客様から電話がありまして。
電話の内容は、エンジンから異音がするとの事。
マヂですかっ!?
何を粗相したんだろ?とドキドキ…

お店が混んでいてお預り出来ないんで、GW明けまでお待ち頂きまして、
で、先日持って来てもらいまして、早速車両を点検確認。
恐る恐るキックするが違和感無し。エンジン始動しても特に異常無し??

万が一の為、押して帰れる様に、店の周りを暫く試乗。
若干クラッチからの特有のジャダ音がし出すが、許容範囲内なメカノイズ的な物。

アイドリングが低いとガタガタとバックラッシュ音がデカくなるので、
1200~1250位にアイドリングを上げて、同調も見直し調整からの試乗。
小一時間ほど様々なシチュエーションを想定し乗ってましたが、特に異常な音はせず。
アイドリングを上げたので、先ほどまでのバックラッシュ音も小さくなり、
特に嫌な感じもしないので、異音の件はしばらく様子を見てもらうことにしました! 

それと今回はフロントタイヤの交換作業も頂きました。

タイヤ交換の時は、ビートとの接触部も綺麗に仕上げてね~♪
で、昨日取りに来て頂き納車となりました。

 

オーナーのS様、今回の異音は問題なさそうですが、
ちょっとでも気になることがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました!!

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です