RDの修理


前々回の投稿はRZ、前回の投稿はRZ-R、
続きからすると、今回はTZRかR1-Z?ってきますよね。
題名でバレちゃってますが、今回はRD250の修理です。

以前、点火系の修理させていただいたRDのクラッチが滑るって事でお預かりいたしました。
前回の修理はコチラ。

ミッションオイルを抜いてと! あれ?ドレンボルトがない?
んなわけ無いか! エンジン下のフレームで見えづらいだけ!w
覗き込んでたらオイル漏れが酷い事を発見。

 

ドレンボルトを外してしばらく放置。頃合いを見て確認すると、
あれ?こんだけしか入ってなかったの?って量しか抜けてない。

ありゃりゃ~ もしかしてオイルが少なくてクラッチ焼けちゃった??って感じかな?

この手の持病のスプロケ周りオイル漏れ?と思っていましたが、
チェーンの油が飛び散っているだけで、オイル漏れの形跡は無し。
もしかしてクランクケースの合わせ面からオイル漏れ?

お客さんに連絡して、エンジンを下ろしてケースを割ると…

ま~ミッションオイルは何処から漏っているかわは分からないけど、
ローター側の1次圧縮の漏れが酷い!クランクずれちゃってる??

調べてもクランクは既定値内だし、ゴロゴロと異音も無かったのですが、
ケースを掃除していたら、原因が判明!

ベアリングのアウターレースが収まる位置にポッチ後が…
そうなんです。 RDってベアリングのアウターレースの位置決めはピンではなくて、ポッチのみ。

前にこのエンジンを開けた人が組むのを失敗しちゃってたんですね。

街乗りでガンガン回して乗る方ではないので、傷んだ部分を修正。
今回は必要最低限で修理させていただきました。

出来上がって試乗すると、以前よりエンジンの振動が少なく、加速もなめらかになった感じです。

輸出仕様の珍しいRD250。
このカラーって修理するまで知らなかったんですが、
70年代のカラーリングって不思議と惹かれるんですよね~♬

オーナーのM様、余計な修理が追加になっちゃいましたが、
しばらくは安心して乗れると思います! ありがとうございました!!


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です