RZ250の修理&カスタムです。


そろそろ修理ネタを更新しないとマズイな!と思いつつ
最後の修理ネタの更新から、3ヶ月も経っちゃいました…

今回の修理ネタは、私の都合で2回に分けて、
修理&カスタムをして頂いた方の紹介です。

まず最初はFZRのフロント周りが入っていて、
トップブリッジ上にセパハンを取付けたい!のと、
フロント周りからガタがあるから見て欲しいって作業。

フォークのトップキャップを長くしたこんな物を作ってもらい、
トップブリッジ上へセパハンを取付けました。

 

で、フロント周りのガタは、ステムベアリングからのガタでして、
フォークを抜いたついでに分解点検。

レース&ベアリングの痛みもなく、掃除&グリスアップして取付け調整。

 

キャブも調子が悪いと言う事で、分解すると…

ありゃりゃ… スロットルバルブが粉が吹いちゃっている…

キャブの内部はひどくなかったけど、全て分解して掃除&調整。

最後にチャンバーの修理。
ステーブが完全に折れちゃってましたので、溶接してもらいました。

取りあえずこれで納車し、2期目の修理へ。

 

2期目はスイングアームのカスタムと1期目に指摘したサイレンサーの修理。

サイレンサーは後で分かったのですが、ノグチの初期ロッドのチャンバーで、
初期ロッドのサイレンサーは、内部もアルミ製で寿命が短いとの事。
製作者元にお願いして、内部は後期と同じく鉄製にしてもらいました。

スイングアームは以前当店のカスタム車両と同じ物で、
1KTのスイングアームをカンチレバー式に改造してもらいました。

 

最後にニュートラルランプが点灯しないから見て!の修理。
球切れだろうとメーターバルブを見たんですが、切れてない…
配線にテスターを当てると、導通がない… とするとスイッチか?

で、スプロケカバーを外すと…

配線を挟んでしまっていて、切れてました…

配線の被覆も固くラバーもなくなっていたので、配線ごと新しいのに交換。
もちろん、ココだけ部品はないので分解修理。

ニュートラルスイッチもクラックが入っていたので、新品に!
で、納車。

つい先日、メーターが動かないです!と連絡があり、
メーターを外して持ってきてもらって、修理。

指針も折れてしまい、メーター本体も修復不可能な状態になってました。

で、中古の状態が良いものに交換し、色褪せた水温計の針もペイント。

メーターのガラスも磨いて内部に曇り止めも再施工。
メーター周りがキレイだと、乗ってて気分がいいですよね~♫

 

オーナーのN様。全体像の画像を撮って無くて、スイマセン…
また自分の手違いでお時間がかなりかかってしまいまして、申し訳ありませんでした…

それといつもお野菜を頂きまして、ありがとうございます!!

また何かありましたら、よろしくお願いいたします。m(__)m


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です